home > 学科紹介 > 理学療法学科

理学療法学科

人が好き、それが一番の才能。ここでリハビリテーションの本当を学んでください

現在、リハビリテーションによる専門医療は、新生児から高齢者、病院から在宅まで広範囲にわたり、必要とされています。理学療法学科では、現場での即応力を中心に、高度な専門知識と技術、そしてリハビリテーション医療技術者としての高い見識を持つ理学療法のプロフェッショナルを育成しています。


理学療法士とは

理学療法士(Physical Therapist:PT)は、医師の指示の下に高齢者や身体に障害のある人、将来に障害の発生が予測される人に対して医学的なリハビリテーションを行う専門職です。基本動作能力の回復や維持をサポートするために、関節や筋肉神経に働きかける運動療法を行うほか、関節の動きを助けたり、レーザー光線などの刺激を用いたりする物理療法も理学療法の領域です。また、一人ひとりの患者さんの目線で物事を考え、心身の両面から基本的な動作機能の回復やその維持をサポートすることもPTの大切な役割です。


柏リハ理学療法学科の特色

3年間で、ゼロからリハビリテーションのプロへ。
柏リハは「合格」にも「就職」にも一番近い環境です。 当学院では、これまで4年制であった教育課程を、2014年度より3年制に移行しました。 医療現場を中心とする社会のニーズと、いち早く現場でキャリアをスタートしたいという学生の想いに応える綿密な授業編成で、確かな実力を備えた医療人の輩出を目指します。

3年間の学びのステップ
1年次
見学実習(1週間)

理学療法士としての基礎知識を、学科と実習で身に付けます。 医療に従事するための基本的概念、リハビリテーションの考え方などを基礎から学び、同時に人体の構造・運動・発達など、ベースとなる知識、基礎的なスキルを磨くことができます。

2年次
検査実習(2週間)
評価実習(4週間)

より専門的な知識で 疾患により生じた様々な問題点やそれを解決する知識や技術を学びます。学院内で学習した知識・技術を医療機関や福祉施設の現場で、患者さんの問題点を抽出し、治療プログラムをたてる評価実習を行います。

3年次
臨床実習Ⅰ・Ⅱ(各8週間)
国家試験強化対策

2度の臨床実習で現場に出ていくために必要な専門知識や技術を身に付けるだけでなく、患者さんとより深く関わって援助していくという経験を積んでいきます。また、3年次では国家試験対策では、これまで培った傾向と対策で、一人ひとりのモチベーションに応える対策カリキュラムを用意しています。

柏リハには全国から多くの求人が寄せられ、千葉・東京などの首都圏を中心に多くの医療機関で卒業生が活躍しています。就職相談室では専任のスタッフが一人ひとりの希望に添った就職先を一緒にみつけていきます。また、当学院の母体となる葵会グループは全国100ヵ所以上で医療・介護事業などを展開しており、グループ施設での実習から就職につながることもあります。


理学療法士の活躍フィールド(病院・診療所・リハビリテーション施設・介護老人保健施設・特別養護老人ホーム・企業研究施設・スポーツ領域など

在校生・卒業生の声  就職情報

ピックアップ

少人数制のゼミ
全学年で構成される少人数制のゼミでは、学生同士で授業を作り上げたり、教員から実技指導を受けたりと、内容の濃い学びを得ることできます。また、学年の壁を超えて協力し合うことで発想力やチーム力を養うと同時に、先輩後輩のつながりも強くなります。