岡山県岡山市建部町の昼間部、全日制、三年制課程の
看護師養成所(専門学校)です
お問い合わせ TEL 086-722-5001 / FAX 086-722-5002
カリキュラム

看護学科カリキュラム

教育課程 授業科目 単位数 実務経験のある教員
による授業科目
実務経験の内容
基礎分野  科学的思考の基盤  看護物理学 1
 統計学 1
 情報科学 1
 生命倫理学 1
 教育学 1
 医療英語Ⅰ 1
 医療英語Ⅱ 1
 人間と生活・社会の理解  社会学 1
 人間関係論 1
 論理学 1
 心理学 1
 死生学 1
 保健体育 1
専門基礎分野  人体の構造と機能  解剖生理学Ⅰ 1
 解剖生理学Ⅱ 1
 解剖生理学Ⅲ 1
 解剖生理学Ⅳ 1
 生化学 1
 栄養学 1
 薬理学 1
 病理学 1
 微生物学 1
 疾病の成り立ちと回復の促進  病態生理学Ⅰ 1
 病態生理学Ⅱ 1
 病態生理学Ⅲ 1
 病態生理学Ⅳ 1
 病態生理学Ⅴ 1
 病態生理学Ⅵ 1
 健康支援と社会保障制度  リハビリテーション論 1
 総合医療論 1
 医療経済論 1
 看護関連法令 1
 社会保障 1
 公衆衛生学 1
専門分野Ⅰ  基礎看護学  看護学概論 1 看護師としての臨床実務
 看護理論 1 看護師としての臨床実務
 基礎看護学援助論Ⅰ 1 看護師としての臨床実務
 基礎看護学援助論Ⅱ 1 看護師としての臨床実務
 基礎看護学援助論Ⅲ 1 看護師としての臨床実務
 基礎看護学援助論Ⅳ 1 看護師としての臨床実務
 基礎看護学援助論Ⅴ 1 看護師としての臨床実務
 基礎看護学援助論Ⅵ 1 看護師としての臨床実務
 基礎看護学援助論Ⅶ 1 看護師としての臨床実務
 基礎看護学援助論演習 1 看護師としての臨床実務
 臨地実習  基礎看護学実習Ⅰ 1 看護師としての臨床実務
 基礎看護学実習Ⅱ 2 看護師としての臨床実務
専門分野Ⅱ  成人看護学  成人看護学概論 1 看護師としての臨床実務
 成人看護学援助論Ⅰ 1 看護師としての臨床実務
 成人看護学援助論Ⅱ 1 看護師としての臨床実務
 成人看護学援助論Ⅲ 1 看護師としての臨床実務
 成人看護学援助論Ⅳ 1 看護師としての臨床実務
 成人看護学援助論Ⅴ 1 看護師としての臨床実務
 老年看護学  老年看護学概論 1 看護師としての臨床実務
 老年看護学援助論Ⅰ 1 看護師としての臨床実務
 老年看護学援助論Ⅱ 1 看護師としての臨床実務
 老年看護学援助論Ⅲ 1 看護師としての臨床実務
 小児看護学  小児看護学概論 1 看護師としての臨床実務
 小児看護学援助論Ⅰ 1 看護師としての臨床実務
 小児看護学援助論Ⅱ 1 看護師としての臨床実務
 小児看護学援助論Ⅲ 1 看護師としての臨床実務
 母性看護学  母性看護学概論 1 看護師としての臨床実務
 母性看護学援助論Ⅰ 1 看護師としての臨床実務
 母性看護学援助論Ⅱ 1 看護師としての臨床実務
 母性看護学援助論Ⅲ 1 看護師としての臨床実務
 精神看護学  精神看護学概論 1 看護師としての臨床実務
 精神看護学援助論Ⅰ 1 看護師としての臨床実務
 精神看護学援助論Ⅱ 1 看護師としての臨床実務
 精神看護学援助論Ⅲ 1 看護師としての臨床実務
 臨地実習  成人看護学実習Ⅰ 2 看護師としての臨床実務
 成人看護学実習Ⅱ 2 看護師としての臨床実務
 成人看護学実習Ⅲ 2 看護師としての臨床実務
 老年看護学実習Ⅰ 2 看護師としての臨床実務
 老年看護学実習Ⅱ 2 看護師としての臨床実務
 小児看護学実習 2 看護師としての臨床実務
 母性看護学実習 2 看護師としての臨床実務
 精神看護学実習 2 看護師としての臨床実務
統合分野  在宅看護論  在宅看護概論 1 看護師としての臨床実務
 在宅看護論Ⅰ 1 看護師としての臨床実務
 在宅看護論Ⅱ 1 看護師としての臨床実務
 在宅看護論Ⅲ 1 看護師としての臨床実務
 看護と統合の実践  医療安全論 1 看護師としての臨床実務
 看護管理 1 看護師としての臨床実務
 災害・国際看護学 1 看護師としての臨床実務
 看護研究 1 看護師としての臨床実務
 統合看護演習 1 看護師としての臨床実務
 臨地実習  在宅看護論実習 2 看護師としての臨床実務
 統合実習 2 看護師としての臨床実務

成績評価基準

※本校履修規定より抜粋

(授業科目および臨地実習の評価)
第4条 授業科目は、筆記試験、レポート、実技試験等(以下「試験等」という)を行い、評価する。
2 評価に際しては、シラバス等で評価基準を周知し、その基準により評価する。
3 臨地実習においては、実習指導者および担当教員が各領域の実習内容、提出物および実習態度により総合的に評価する。

(試験等の受験資格)
第5条 試験等の受験資格は次の各号に該当する者に与える。
(1)各授業科目及び演習等の出席時間が学則に定める授業時間の3分の2以上の者。
(2)臨地実習の出席時間が3分の2以上の者。
(3)各授業科目による課題の提出物を提出している者。

(成績の評価)
第9条 授業科目および臨地実習の評価は、1科目100点満点とし60点以上を合格とする。
2 授業科目および臨地実習の成績の評価は、その授業科目の担当講師が次の基準により行う。
評価 得点(点数) 合否
80点以上 合格
70点以上 80点未満
60点以上 70点未満
不可 60点未満 不合格